カマグラのメカニズムと注意

カマグラは、アジャンタファーマ社が開発したバイアグラのジェネリック医薬品で、勃起不全(ED)の治療薬です。バイアグラのジェネリック医薬品ですが、有効成分はバイアグラと同じシルデナフィルです。主成分シルデナフィルが陰茎の勃起を止めるPDE-5という酵素を阻害します。これにより陰茎周辺部の血管を拡張させ、血流量を増やすことで勃起を促します。

カマグラのメカニズム
人間の体内には勃起を抑制する酵素があります。しかし、この酵素が優勢なままだと勃起不全になってしまいます。カマグラに含まれる成分は、この勃起抑制酵素の働きをさまたげることで勃起を促進することができます。服用する際に性的興奮を脳が感じて陰茎に指令を出す、勃起することができます。カマグラはいわゆる精力剤や媚薬のようなものとは異なり、性的な興奮を増大させることはありません。これは血流を改善して勃起を促進するためのものです。

特に注意するところ
これはカマグラには性的興奮作用や性欲増進作用はございません。これは血流を改善して勃起を促進するためのものです。そして食事と一緒に服用すると空腹時に比べて効果の発現時間が遅れる可能性がありますが、空腹時に服用することをお勧めいたします。

また糖尿病がある方はまた極度の肥満の方、高血圧やうつ病方の場合にはカマグラ50mg1錠では満足な効果が得られない場合がございます。

カマグラ・バイアグラのジェネリック

「夢の薬」のジェネリックもあります。そして、ジェネリックとは何ですか?ジェネリックはバイアグラのような先発医薬品と同じ成分、同じ効果がある、でも価格の場合は先発医薬品よりもっと安いの薬であります。バイアグラの場合はカマグラという薬であります。

カマグラとは
インドのある製薬会社は製造そして販売しているバイアグラのインド製ジェネリック医薬品であります。それ以外はインド国内で発売されている「カマグラゴールド」と輸出する「カマグラ」は2種類が持っています。

カマグラの特徴は
カマグラはバイアグラより種類の方がもっと豊富であります。3タイプがありますよ。
1.コップ1杯の水に錠剤を入れて溶かして飲む発泡剤タイプです。

2.ゼリー状になっていてライチ、グアバ、キャラメル、ラズベリー、キウィ、いちじく、グリーンアップル、の7種類のフルーツ味があるゼリータイプです。

3.口の中で溶かす、もしくは噛んで服用するタイプです。

バイアグラとの違うところは
1.ゼリータイプのは手で押し出すか口で吸うかして服用します。

2.発泡剤タイプのはコップに水を入れて錠剤を入れてよくかき混ぜて溶かして服用します。

3.舌下錠タイプのは噛み砕いて服用します。

注意するところは
カマグラは「50mg」と「100mg」が2つ種類がインド国外で流販売されているのは。「100mg」の場合は半分に割り50mgにして服用してください。

カマグラご紹介・カマグラ完全にクリニック

カマグラとは

「レビトラに興味はあるんだけど、値段がちょっと」「レビトラももっと適切な値段だったら手に入れたい」そんな方々にぴったりのED治療薬がこのカマグラです。カマグラとは、勃起障害を改善するED治療薬として世の中で有名となったレビトラをアジャンタファーマ社が製造、各国で販売や通販したジェネリックカマグ100%正規品です。

ジェネリック医薬品なのでレビトラとは研究方法もメカニズムも同じ、違う所はレビトラより適切な値段で購入できるという利点になります。カマグラとレビトラ共通の重要成分、シルデナフィルが男性ペニスの海綿体の血行を活性させ長長時間勃起状態を持続してくれる効き目があります、ED治療薬カマグラを一日中1錠、セックスする1時間前にカマグラ使用するとその後6時間はカマグラ効果が持続できます。

注意書きに沿って使用方法、服用量を守ってご使用下さい。

カマグラ使用方法

全ての効き目を得る為に何も食べない状態での服用を推薦します。

1日1錠をセックスの1時間前にしてカマグラ使用下さい。

服用の間隔は一日以上必要となります。

初めてご使用の使用者は、ピルカッター等で割って半錠からの使用を推薦しています。

カマグラの使用により血中濃度が増加することが認められています。

カマグラ効果勃起不全の改善・勃起維持

カマグラの副作用皮膚発疹などのアレルギー症状、めまい、鼻水、鼻ずまり、消化不良、腰痛、筋肉痛、背痛、情緒不安定、下痢、発疹が報告されています。

その他には、頭痛や消化不良、背痛、筋肉痛などの症状があります。

気分が悪くなった時は、重篤な副作用の前兆の場合があります。必ず医師のもとで処方を受けてください。また服用後しばらくの間、車の運転には十分注意して下さい。

カマグラ持続時間 8時間

注意点一日1錠を最大使用量とし、使用の間隔は一日以上は空けて下さい。

薬剤を体に吸収するため、過量飲食後の使用では効き目が低くなる可能性と強い副作用が現れる可能性がありますのでご注意下さい。