カマグラの成分は?

カマグラは、ED治療薬であるバイアグラのジェネリック医薬品で、インドのムンバイに本拠を構えるAjanta Pharma社によって製造されています。バイアグラは発売した以来に、ずっと人気があります。カマグラはバイアグラのジェネリックなので、有効成分もバイアグラと同じです。では、カマグラの成分は何でしょうか?本文では、カマグラの成分の情報についてご紹介します。

カマグラの成分であるシルデナフィルは、元々は狭心症の治療薬として開発され臨床実験を行っていました。 狭心症としての効果はイマイチであり、試験も中断を余儀なくされたそうですが、被験者が余ったシルデナフィルの返還を滞る事態が発生しました。その後、シルデナフィルはED治療薬の成分として販売されました。

陰茎海綿体の血管に存在する平滑筋をゆるめ、海綿体への血液の流入量を増やして、満足な性行為を行うに十分な勃起を促し、維持させます。海綿体平滑筋を弛緩する成分であるcGMPを分解する、PDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素を阻害します。cGMP分解酵素・PDE5(ホスホジエステラーゼ5)を阻害することで、cGMP濃度を高め、海綿体平滑筋を弛緩させ、陰茎を勃起させます。カマグラの成分シルデナフィルは陰茎の血流を増加させる効果があり、海綿体へ十分な血液を送り込んで硬い勃起を促します。

カマグラの成分シルデナフィルは服用から30分~1時間程で効き始めます。服用後およそ1時間後をピークに効果は4時間程度持続します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です