バイアグラとカマグラ

バイアグラが欲しいけれどバイアグラは少し値段が高いからもう少し安いものが良い、そんな時におすすめのものがカマグラになります。

今回はそのカマグラの詳細やバイアグラと何が違うのかなどを解説していきます。

カマグラはインドの製薬会社が製造販売しているバイアグラのジェネリック医薬品になっています。カマグラのことを調べたことがある人はご存知かもしれませんが、カマグラにはカマグラゴールドとカマグラの2種類あります。有効成分などは2つとも同じなので名称が違うだけで、効果などは同じとなっています。名前が2つある理由は分かりません。

バイアグラと違う点は薬の種類が多いことです。バイアグラは経口のものしかありませんが、カマグラは3種類のタイプが有ります。

①コップに錠剤を入れて溶かせるタイプ
これの味はオレンジっぽいものになっています。

②ゼリー状になっていて水を飲まなくても服用できるタイプ
味が非常に豊富なことが特徴でライチ味、グアバ味、キャラメル味、ラズベリー味、キウイ味、いちじく味、グリーンアップル味の七種類用意されています。

③直接口に含み噛んだりして溶かすタイプ
こちらも味の種類が複数あり、バナナ味、パイナップル味、オレンジ味、いちご味の4種類になっています。ふたつ目のものと同じで水が要らないため服用しやすくなっています。

カマグラはバイアグラと同じでシルデナフィルを配合してあるものなので、効果や副作用なども同じになっています。

シルデナフィルの力は血管を拡げて性器に流れる血を増やすことで勃起力を向上させるというものです。ただしバイアグラと違い体に成分を取り入れる方法が違うため、若干効果に違いが出ることもあります。

バイアグラと作り方は違うものの成分は同じなので、服用するタイミングなどは同じです。
そのためお腹がいっぱいの時は服用してもあまり効果が得られません。必ず空腹時に服用することと、その前の食事も脂っこいものはあまり取らないようにしてください。カマグラを飲んだ後の食事は影響があまりないため構いません。

服用する時に気を付けて欲しいことがあります。それはカマグラはほとんどのものが100mgとなっていることです。日本国内で流通しているバイアグラは50mgまでとなっています。
そのためカマグラを服用する場合は半分にして50mgで服用した方が良いとされています。100mgのものを普段から使っているという場合であれば構いませんが、今までに50mgのものを使っているという場合は気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です